太陽光発電のいい点悪い点と注意すべき点について

われわれの日常生活においてエネルギーのない暮らしは想像のできないものである。
エネルギーは不可欠なものであり、暮らしの源であり、産業活動においても重要なものである。
わが国日本においては、石油や石炭などの天然資源についてはほとんどを輸入に頼っており、資源の枯渇問題は深刻である。

天然資源の枯渇と二酸化炭素の排出に伴う環境問題などの地球規模の問題から、今着目されているエネルギーが自然エネルギーである。

その中で、普及しはじめているエネルギーが太陽光発電である。




太陽光発電はソーラーパネルを設置し、太陽のエネルギーを直接的に電力に変換して発電するものである。

震災が発生して以降、太陽光発電を取り入れようという家庭が増えているが、導入金額は高いが導入することのメリットは大きい。



太陽光発電は、石油燃料を必要としないことから温室効果ガスが発生しないために環境に優しい。



大震災のように電力会社からの送電が停止しまった際に、自分の家で発電しているために電気を切らすことがない。ソーラーパネルも設置がしやすく、メンテンスの必要性もない。



このように太陽光発電は、太陽の光を利用するすばらしいエネルギーであるが、注意すべき点もある。
太陽光発電は、天候に左右されるために、晴れていればいいが、雨降りや曇りの際には電力が低下してしまう。
また昼間はいいのであるが、夜間は発電することができず、昼間に発電した電力を蓄電することができない。また、いざソーラーパネルを設置するにあたって、その設置する面積が必要であり、外観に左右されやすい。
まわりに高い建物が建ち日陰になると、発電能力は著しく落ちてしまう。

そのために、設置する前に既存の家で設置するのか、新築とともに検討しているのか、屋根の形状や向きはどうなのかを事前によく確認しておく必要がある。




太陽光発電に関しては、今後ますます需要のあるものであるが故に色々な業者があるため、価格だけではなく、アフターサービスや保証内容を確認したうえで決定することが望ましい。


http://www.ciaj.or.jp/jp/guideline/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2%E5%8D%94%E4%BC%9A
http://www.jcssa.or.jp/